ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣り日誌/2012-03-10

Top / 渓流釣り日誌 / 2012-03-10

解禁日前日

天川は昨年の台風の災害以降、来ていない
聞けば相当の被害を受けたとのことで、下見を兼ねていつものキャンプ場に顔を出すことにした
広橋峠を越えると、直ぐに工事をしている
台風で路肩が崩れたのか旧道に回された
そう言えば川上でも、旧道が役に立っていたなあ
丹生に入ると、川原の大掃除をしている。ダンプがやけに多い
まだまだ、復旧作業途中のようだ

ダンプに道を譲ってもらいながら、天川の川合のT字路を右に折れ、役場の前の橋から上流下流を覗く

画像の説明

この辺りは、パッと見では変わりがないようだが、少し浅くなっている気がする
少し下ると、砂利底が目立つ
さらに下り、八坂神社あたりは、ありゃあ!川底が1m以上上がっている
しかも、砂利底でベターとなっている
そして昨日の雨のため、水量は少し多めである
こりゃあ魚が居つかないぞ

画像の説明

ふと横を見ると、少しふっくらしたので見違えた顔馴染みが、ドラム缶の焚き火にあたっていた
キャンプ場の小屋は何棟か無くなり、上の八坂神社も浸かったとの事
水かさが10m以上上がったことになる
天川温泉も湯船が飛んだ(実際は飛んでいなかった)と聞いていたが、轟々と流れる水とその光景を想像しただけでも恐ろしい
川底がこれだけ上がると、少しの雨でも水がキャンプ場に上がって来る危険性がある
早く砂利を揚げないと、安心して小屋が建てられない
国土交通省に陳情しているがダム優先のようだ。国土交通省、早く手を打ってね
台風の影響は、近隣の河川に及び、解禁どころではない漁協もあるとのこと

さて、九尾ダムはどうかな? 
かなりダンプが入っている。しかも浅い。水は溜まっているとは言い難い
言わばダム内に川が流れているのと同じである
途中、高さ200m以上崖が崩れて、ダムサイトが崩壊していた。これは酷い

画像の説明

画像の説明

画像の説明

工事のためダムは水を溜めることが出来きず、水量は少ないが全開で放水している

画像の説明

さらに下のキャンプ場では、既に複数の釣り師が明日の解禁のため、場所取りをしていた
聞けば30年以上は此処に来ているとの事。まあ、早い者勝ちだけど・・・?
しかし、今年はライズが見られない
放流して3日ほどのはずだが、既に流れに馴染んでいるのか?
放流翌日の雨で流されたのか?
ポイント選びに迷いが生じる

今年は例年と同じように放流したそうだが、災害の影響で釣りファンはきっと減るだろう
しかし、上のダムから上は通行止めなので、逆に混雑するかもしれない
悩んだ末に下流にポイントを決めて、車中泊することにした
鬱陶しい解禁釣り師は来ないだろうと思われる(少しテクの要るポイントの)場所に車を止めた
ここも山から大水が出たようで、ガードレールの土台が浮いていた

腹を決めて、明日の支度をする。そして念のため持参した毛布で寝てみる
今夜は冷えそうだが、なんとかなりそうだ。後部座席でも、足が伸ばせない。
後は寝付けるかどうかだ?
もう少し起きていれば、眠気が来るだろう
この釣行記も下書きできるというものである
ここまで書いてきたが、散髪屋でウトウトしたせいかまだ眠気が来ない

夜八時になった。四時起きなら、八時間も寝られる。まだ早すぎるか?
取り敢えず寝るか!。夜明け前はきっと騒がしくなるだろうから。
プチっ(ルームライトを消す音)。うわっ、真っ暗。まあ山だから、仕方ないわ
とは言え、簡単には眠れない。身体を伸ばせないのでリラックスできないからだ。

車が一台過ぎていく
(遠くで)コー?飛行機か?
(遠くで)コー?飛行機が二台

しばらくして、ガタッ。ん?
何やら外で白色光が点滅している

警察ではないなぁ。車が止まるかな!
あれっ遠慮して、行ってしまった
※翌朝『車上狙いの警告ちらし』が、ワイパーに挟んであったことに気づく

画像の説明

クー、グルグル。これはお腹だの音だ
夜六時におにぎり二個食べたキリだからなあ
食べ過ぎると、翌朝トイレに走らなくては行けないので我慢したが、お腹が騒がしくていけない

まんじり・・・まんじり・・・まんじり・・・まんじり・・・まんじり・・・まんじり・・・まんじり
まだ夜九時半か?。かるく寝付いたが、また目が覚めた
それにしても、やかましいお腹だ。周りが静かすぎるので、今まで気付かなかっただけだろうな
・・・・・・
いつの間にか、少し寝ていたようだ
とは言え、時刻は23時45分
また車が一台通り過ぎて行った

言わずもがなであるが、解禁日はお祭りの日と同じである
地元の方も夜中の訪問者には、ある程度寛大である
少し冷え込んできたが、車の中はさほどではない
しかし夜明けまでは、まだ五時間以上ある
少し室内を暖めるためにエンジンをかける

仕事に追われ、普段は1日があっという間に過ぎてしまうため、時の経過をじっくりと感じたいと常々思っていたが、意外な形で時間の長さを感じることになった
今、やっと日付が変わった。 もう少し暖かくなったら、エンジンを切ろう
また車が一台通り過ぎて行った。その内、隣に車が止まるであろう
止まらなかったら、ラッキーである
眠れぬまま1時を過ぎた。通り過ぎる車の数が少し増えた。 また寝付けない
やはり、缶ビールを買っておけば良かったか?
一時半か?。 あと三時間経てば、身支度の時間である

そう言えば、吉野川の解禁では、夜明け前から川に立ち込んで釣っていた輩がいたなぁ
お陰様で逃げたアマゴのポイントを探り当て、百匹越えの釣果が記録できたなあ
天川でも監視員が来ないどころでは、ケミホタルの付いたウキを付けて釣っている輩がいたし、フライイングして釣っていた輩もいた

まんじりともしないまま、ゆっくりと時が過ぎてゆく。もうすぐ二時半
川のせせらぎ以外の音はしないはずだが、キーンという音が聞こえる
長年付き合ってきた耳鳴りである。たまに止まるが、すぐに始まる
原因は、診てもらったことがないので不明。
若干高音が聞こえ難いが、普段は不便を感じない

もぞもぞしていると三時半になった。気のせいか少しだけ辺りが見えるようになってきた
あと1時間ほどで活動開始である。まだ横のスペースは埋まらない
また車が一台通り過ぎて行った。だが、予想したほど多くない
四時になった。少し早いが身支度を始める。外に出ると、やはり冷え込んでいる
遠くから、油の切れたシーソーのような”キー・・・キー”という金属が軋む音が聞こえてくる
鳥だろうが、種類はわからない
四時半になったが、足元が見えないので、もう少し待つことにする
山陰になるので、五時頃に車から出よう。何事にも無理は禁物である

車が増えだした。みんな解禁時刻の五時着で動いているようだ
・・・五時になったが暗い
先ほど下って行った車が引き返してきた。ポイント選びに迷っているようだ
なかなか明るくならないが、ものの数分で明るくなるのも山の特徴である
まだ暗い。あと10分待とう。急がない、急がない(わしゃ、一休か!!)
お腹がクー、クー、となっているが、おにぎりは我慢である
午前中は雲が多いようで、日の出が遅れているのだろう
ただ風は無いようだ。これは嬉しい



コメント


認証コード(0460)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional