ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣り日誌/2013-06-22

Top / 渓流釣り日誌 / 2013-06-22

 つるっ!、ドテッ?

台風4号が温帯低気圧に変わったため、金曜日の昼頃には風が弱まり、雨もあがって来た
これなら、土曜日には川も落ち着いているはずと、ごそごそして出かけた

画像の説明

山には、まだ霧がかかっているが、雨は降っていない
杉の湯ホテルの隣で麦茶を買うついでに、ダムの湖面を眺める
水嵩は増えているはずだが、良く分からない

画像の説明

目指すポイントに着いて、釣り始めたのが6時半頃
予想に反して、ダムの水位は下がっている
まずは本流の段々の瀬を攻める
水曜日からの雨のため水は若干増水気味で、水の色も前回よりは澄んでいて良い感じ

浅い瀬では豆アマゴのアタリが有るが、なかなか鈎に乗ってこない
豆アマゴがはしゃいでいるということは、レギュラーサイズは不在のはず
次の瀬を攻めていく
ここでも、豆アマゴのアタリ
パスである

膝程度の流れの瀬に来た
底石の無いスーッという流れでは、意外にもアタリが出ないことが多い
向こう岸近くの、底石のある浅い瀬に仕掛を振り込むとアタリが!
17センチほどのヒレピンのアマゴである

段々の流れが終わると、腰ほどの深みに勢い良く流れ込んでいく
ここには居る!
直感である

画像の説明

多分、流れが少し緩くなった辺りに居る筈だ
流れに仕掛を乗せる
じわっーと流し、狙ったポイント辺りでアタリが出る
が、乗らない
ウ君か?

少し筋をズラして流す
じわっーと流し、狙ったポイント辺りで仕掛が落ち着く
クッ!
パシッ!
ズン!

グググッ!
結構、抵抗している
直ぐに、ヘタるとウ君だが・・・
なかなか寄らない
水面に出ると、口を大きく開けている
アマゴだ!
腰を落として、タマで掬う
26センチほどのアマゴである
尾ヒレが伸びているが成魚放流物である
他に居るかなと探るが、アタリは出ない

画像の説明

そこから下に移動しようと、川縁を進もうとしたら
つるっ!、ドテッ?、痛っ!
一枚岩の水垢で足が横滑りし、ドテッと倒れてしまった
咄嗟に持っていた竿を放して右手を出したので、軽い打撲で済んだ
少しうかっとしていたのかも知れない

下の瀬を攻めるがアタリが無い
と?、ルアーマンが淵の下手に姿を見せる
淵をじっくり攻めている内に、ルアーマンは支流に消えた
淵でねばるがウ君のアタリしか出ないので、一旦川から上がることに

昼には、まだ時間があるが支流に移動する
と、いきなり先ほどのルアーマンとすれ違う
昼から仕事なので、これで終わるとのこと
支流では、停めようとした場所に釣師が車を停め、仕度をしていた
支流でも、尺のアマゴも上がることがあるというが???
これから釣り上がるということなので、上流部に移動

少し走ると、ミニパトが停まって、地元の方と話しをしている
どうやら、鮎釣師の様子を見ているようだ
こちらも車を停めて、川の様子を見る
やはり、勢い良く水が流れている
『アマゴ?』
「そう!」

『鮎はせんの?』
「しない!」

良いのかな、油売っていて?

「ダムの水位下がってるね?」
『放水したからね!』

ダムの水位が下がっていた原因が分かった
台風による水位増加を見越して、事前にダムの水を放水したとのこと
10m近く水位が下がっているように思う
放水し過ぎのようだが!

そこから狭い道を上っていくと、途中、鮎釣師の車がポツポツと停まっている
十二分に広い場所に車を停め、入川道を探して上がって行く
川に降りられそうな箇所を見つけて、慎重に降りていく

そこから釣り上がるか?、釣り下がるか?
上流を見ると、同じように単調な段差が続いている
下流を見ると、大きな段差が見える
よし、釣り下がろう

ここからは、被さる枝との格闘である
アワセが弱いとバレ、強すぎると仕掛がピュンと枝に引っかかってしまう
何度も引っ掛けながら、何度も仕掛を作り直しながらポイントを探る
今日の先行者はいないようだが、結構釣師が入っている気配はある

立ち塞がるような大きな岩の所で、釣り上がって来た釣師と出くわす
見ていると、浮きを付けて振り込んでいる
根掛かりを嫌っているようだが・・・
ここで、終わりである。結果は5匹に終わる

少し戻り、見つけてあった入川道を上がっていく
すると、直ぐに車の停めてある場所に辿り着いた
仕掛の作り直しに時間が取られ、あまり距離を稼げなかったようだ

不完全燃焼である
もう一度、本流を探ろう
ただし、普段入らないダム下流部にしよう

車を走らせ、道を下っていく
広々とした川原に出た
長い瀬と長い深場がある
石が大きいので、期待は持てるが水が少し濁っている
川岸の底はヘドロが溜まっている
お世辞にも綺麗とは言い難い
支流とは大違いである

画像の説明

深場を流しているとコツコツというアタリがあり、水ダニが付いた20センチほどのアマゴが顔を見せる
が、それっきり
瀬を幾つか探ってなんとか2匹を追加
期待外れのポイントであった
多分、人が入っているのであろう

画像の説明

帰る頃に漸く太陽が顔を出し始めた
打った肘が少し痛い

■本日の釣果 殆んどべっぴんさん:10匹



コメント


認証コード(6675)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional