ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣り日誌/2019-08-18

Top / 渓流釣り日誌 / 2019-08-18

ラス前釣行?

駄目だろうなと思いつつ、台風10号通過後に濁りが取れつつある天川の状況を天川漁協のサイトを見て、日曜日は更に減水するだろうから、探索がてら出かけることに。

何故か早目に目が覚め、4時過ぎに出発、5時過ぎに天川着。

平水より30センチは水位が高い

漁協事務所前の深場への流れ込みは、いつもより激しい

画像の説明

南日裏のキャンプ場の前を探るが、アタリが出てもチビアマゴのオンパレード。

たまにアワセで、重みが有るとウ君が顔を出す。こりゃあ駄目だ!

画像の説明

二時間ほど粘るも、リリースサイズばかりなので下流に移動し、ちょくちょく入る吊り橋の下の瀬を探るも顔を出すのは、チビアマゴ。

下の温泉のポイントも探るが、やはりリリースサイズしか出ない。

やはり水位が高過ぎて、散らばっているようだ。
鮎釣師が立ち込んでいるのも、アマゴを散らす要因となっている。

まだ、昼にもなっていないので、山上川を探ることに

洞川温泉は、観光客で道路は混みまくり

山上川で入るのは久し振りなので、調査を兼ねて、普段は入らない道路左側に入る

車を停めて降りて行くと、直ぐに川が見えるが、足下の岩が川に向かって傾いているので、足を滑らせたらどっぶーんと川にはまってしまう。

頭上には岸の樹木から枝が張り出しているので、竿は横から水平に振るしかない

1Mほどの段差で勢い良く川が流れ、底には何やら魚影らしき影がみえる。

仕掛けを流すもアタリが出ないが、何度か流すとアタリかもという、反応が出る

竿が立てられないので、上手く流そうとすると、竿を手前に引くようにしなければいけない

モタモタしていると、アタリを逃してしまうが、なんとかアタリを捉え、アワセると17センチほどのアマゴが掛かる

だが、5.4Mの沢用の竿は柔らかく、簡単には上げられない。

頭上の枝の隙間を利用して、なんとか手元に収めることが出来た

まだ、底に魚影が見えるので、岩の縁に仕掛けを落とし、仕掛けを底に流し込むと強いアタリがあり、アワセるとさっきより強い引きで手こずる。

何とか取り込むと20センチほどのニジマスである

さらに、暫く粘ったがアタリが出ないので、一旦上に上がって林の中を下に移動

この付近は過去に入った記憶があるが、そこそこ川幅のあるポイントは記憶にない

画像の説明

ということは、ここまでは上がって来なかったということになる

5.4Mの竿だと短すぎて、上手く探れないが、好ポイントを探っていると、なんとかもう1匹アマゴを追加する。

そして、何気なく下流に目を向けると、人影が見えた

川の中に入り込んで・・・、こりゃあ下っても、荒らされた後では釣りにならんなあと、本日の釣りは終了

あと何回、天川に来られるかなあとと思いつつ帰途についた

■本日の釣果 アマゴ2匹、虹鱒1匹



コメント


認証コード(4216)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional