ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣り日誌/2020-01-05

Top / 渓流釣り日誌 / 2020-01-05

初釣り(海)

年末は、知人の店の手伝いに駆り出され、竿を持つことが出来なかったが、年明けの日曜日は、なんとか時間を作ることができたので、天候や状況はさておき、2時間かけて和歌山の御坊まできました。

状況は風が強く、決して良くない。
釣具店で餌を買い求め、美浜漁港までやってきた。

!!!
まだ昼になっていないのに、漁港には人っ子一人居ない。
アチャー、最悪。

画像の説明

だが、来たからには竿は出さないと!
思い付きで来たので、仕掛けの準備もしていない。
ごそごそと仕度をし始めるが、仕掛けの絡みを解すのに、時間を取られる。

すると親子連れがやってきて、足元の釣りをし始めた
いきなり、何やら魚を釣ったようで、『これ、ヤバイ魚ですか?』と聞いて来たので、見るとバリコ(あいご)である。
「ヒレの先に毒があるから、切り取らないと!」と応える。

仕掛けが準備できると、あみえびを詰めて仕掛けを飛ばす。
だが、ウキに反応はない。
暫く、振り込みを続けるがアタリは出ない。
風が右手から強く吹くので、右手の港の入り口方向には、なかなか飛ばない。
竿を立てるだけでも、竿が大きく撓る。
地元に住んでいたなら速攻で帰宅するところだが、とにかく粘るしかない。

画像の説明

小一時間ほど振り込みを繰り返していると、何やらウキにボコンという反応
サビキ仕掛けに付けたオキアミが無くなっている
小魚であろう

暫くすると、ウキが一旦沈み、また浮き上がってくるという動きが・・・
軽くアワセて、リールを巻くと付いてきたのは、チャリコ
なんとなく、魚が寄って来たのかなぁと思いつつ、釣りを続ける
しかし、アタリが有っても、チャリコしか上がってこない

画像の説明

釣り人がいると、地元の釣り好きがポツリポツリと様子を見に来る。
だが、釣れていないとみると、直ぐに何処かに行ってしまう。

昼になったので、コンビニで買ったオニギリを口に頬張る
状況は変わらず、たまにスーッとウキが沈み、チャリコが上がる

「ここはチャリコ場か?」とぼやきながら釣りを続ける。
だんだんと日が傾きはじめ、丁度西方向に飛ばしたウキが見辛くなってきた
風は少し和らいできた

すると又、ウキがポコポコと反応し、軽くアワセると20cm弱のアジが上がって来た
暗くならないと、アジが掛からないのか?

画像の説明

そういえば、夜釣りで型の良いアジが掛かると釣具店のご主人が言ってたな!
しかし、ランプが無いので、今日の釣りはこれまで!
と片付けをしていると、!!!
尻栓がない。

携帯を照明にしてあちこち探すが、見つからない
新年早々、縁起の悪いことになってしまった

道具をあらかた片付け、荷物を少し移動させて再度探すと、車止めの近くの水たまりに黒い円形の物が・・・
良く見ると、確かに尻栓であった
頑張って探した甲斐があった。

アマゴの解禁までに、又来よう!
次は型物のアジを釣りたいなあ。

■本日の釣果: チャリコ・6匹  アジ:3匹 ショボイので画像なし



コメント


認証コード(9135)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional