ようこそ、お釣師者のサイトへ。爆釣方法の極意を釣り方教室で無料公開。「渓流釣りの極意」も発刊しました。超簡単ホームページ作成ツール:QHMの無償版の入手方法も御紹介。

渓流釣り日誌/2020-02-15

Top / 渓流釣り日誌 / 2020-02-15

釣行記 ダイジェスト版

令和も二年となりました。
年が明けるとアマゴの解禁日が気になりますが、竿を持たないと落ち着かないので、
和歌山の御坊に釣りに出かけました。

事細かにアップするのは面倒なので、ダイジェスト版にてご容赦下さい。

今年2回目
 美浜港で釣り糸を垂れる

 空には、綺麗な雲が・・・

 画像の説明

 初回(アップ済)は、チャリコに遊ばれたが、今回は音沙汰なし

 画像の説明

今年3回目:北風強し
 良型のアジが釣れている日高港湾で釣り糸を垂れる。
 アジのバラシが2匹あったが、30センチ弱の4匹をゲット
 ※いまいち、脂が乗っておらず、ガックリ!

 アタリが遠退いたので、過去に行ったことのない港に移動
 ここは何にも釣れないよと、地元の常連らしき方が仰るが、足元の小型の魚を4匹と
 フグ一匹。
 寄って来た鷺に、常連らしき方がアジを投げると、サッと咥え飲み込んだ。
釣った小さなフグも与えていた。死なんのかな?

画像の説明

今年4回目:北風強し
 日高港湾以外の港で釣り糸を垂れる

 画像の説明

 アミエビのブロックを解凍しつつも撒き餌にしようと、紐付きネットに入れて
海面に落とすが・・・、アミエビのブロックがネットの外に浮いている
 ???、落とした際にネットが破れたようだ
 プカプカと流れていくアミエビのブロックを呆然と眺める
 ここで相手にしてくれたのは、フグのみ
 過去にも来たことがあるが、どうも此処は遠浅なので魚にとって居心地が悪いようだ
 オキアミ狙いの取りが、いつまでも傍にいた

 画像の説明

 昼から、またしても美浜港に移動
 やはり人気(ひとけ)がない
 でも、取り敢えず陣取って、打ち込み始める
 アタリは・・・全くない
 今日は夜釣りの準備をしてきたが、コマセが無くなれば終了する

 隣に1人陣取った。和歌山市から来られたとのこと。
 向かいの防波堤の際を狙った良型アジ狙い
 全くアタリの無い状況が続き、早くも暗くなってきた。
 電気ウキの動きが気になる

 隣の方にはアタリが有り、良型アジが上がって来た
 私の方は音沙汰なかったが、コマセが無くなる寸前にウキに動き が有り、アワセて寄せてくるとなかなかの手応え
 隣の方は大物のアジやと言われたが、アジにしてはかなり抵抗される
 ランプの光で目視すると、ボラと判明
 重いので細仕掛けでは上げられず、もたもたしていると隣の方が タモですくってくれた。

今年5回目
 釣り場をとっとぱーく小島に変えたが、釣り場に活気がない。

 画像の説明

 ウキ流し仕掛けに変えて暫くすると、ウキが妙な動きをする。
 風のせいなのか、ウキが斜めに少しピクッと沈む
 その後、風に逆らって動き出したので、何かが食っていると思い竿を煽ると、ズンと重い感触

 画像の説明

 ボラは勘弁してくれと思いつつリールを巻くが、あまり動きが無く重たいだけだ。
そして竿を煽ると、バチッとバレた!
 ???
 鈎は無くなっていない
 どうやら、鈎外れのよう
 重くてあまり動かない、口の堅い魚といえばフグとなるが・・
 ショウサイフグ?という奴だったのかも・・・

 画像の説明

 夕方まで粘ったが、結局アタリなし

この部分は、「続きを読む」をクリックすると、
表示されます.

記事リストには、ここに書いた文章は表示されません。
もし、記事が短く、続きを作る必要がなければ
blog_moreを削除してください。



コメント


認証コード(1698)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional